« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/29

夜桜見物

夜桜見物
昨夜は会社同僚と夜桜見物ですた

一度は、やりたかった会社近くの公園で酒を傾ける、やっぱ桜って日本人の心に響きますよね。
まぁ、酒メインなのは変わらないけど。

近くの建物の赤い照明のお陰で、白い桜のビンクに染まる楽しみがあり、これまた佳し。

月曜から呑んでたこともあり、絶好調ではなかったのだけど、面白い酒でした。

金曜は、月曜に下見酒(ロケハンと呼ぶこともあり)した韓国料理の店での歓送迎会本番です

月水金と飲みすぎなんで、今日は川崎駅から30分程度の我が家まで歩きながらの携帯ブログエントリ

写真は川崎駅前チネチッタ前あたりの桜です

ついでにブログテンプレートも春らしく桜にしてみました。

あっ、そろそろ家なんで帰って風呂入って、今日は酒我慢して、オトナシク寝よう

では、お休みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/22

シンシティ

シン・シティ スタンダード・エディション
シン・シティ スタンダード・エディションブルース・ウィリス ロバート・ロドリゲス フランク・ミラー

おすすめ平均
starsモノクロが斬新でいい!
stars製作する側と鑑賞する側
starsB級映画の妙
stars映像を楽しむ映画
starsおもしろく観るためには期待をせずにみるコト!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フランク・ミラー原作のアメコミを映画化したもの

モノクロの赤をメインに色づけされた、ブルースクリーン主体のCG映画
ブルース・ウィリスやミッキー・ローjク、ブリタニー・マーフィーなどの大物を取り揃えることができたのも、役者が一同に介さずとも撮影可能なブルースクリーンでの合成のおかげだとか。

特に印象的にのこるブルタニーも撮影が1日とは驚異的。
全体的に、唇やドレス、血の赤や、ブロンドの黄色、性的な犯罪者の肌が黄色など特徴的なものを除き、モノトーンな絵作りが、映画の特性で、逆にストイックというかおしゃれな感じで、作られた絵であることの利点を感じる。

びっくりしたのが、ロードオブザリングのイライジャ・ウッド、冷血な殺人鬼なんだけど、びっくりするほどにフィットしてます。
あの、純朴なキャラクターから、この演技までってのは、描いた監督の凄みなのか、イライジャのもったポテンシャルなのか、、、

今日はそろそろ、眠いので、これまで。

そのうちリンクでもつけましょ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/21

さくらん

Sakuran_2
公式サイト

さくらんさくらん
安野 モヨコ

講談社 2003-11
売り上げランキング : 2344
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

蜷川実花監督、土屋アンナ主演 さくらん
宣伝の吸い込まれ目だけでもみたくなったが、原作が安野モヨコ、こりゃ話題にならないはずはない、、、女性に

私が甘かった、公開からそこそこ時間立ってるしと思いながら、中央のベスポジを外して、空いてる前から3列目センターを予約、ちと川崎で買い物して10分前に映画館へ右隣は何組かの女性客で占拠、仕方なく←から回るけど、5分前には3列目満員、女性だけで………独りセンターに私が居る、とても苦手な状況

映画が始まると、そんなん忘れさせるインパクト
オープニングの赤白のコントラストに目を奪われる。オープニングで使われる金魚は大門にかなり登場するし、桜と動揺に、この映画のキーワードかも

絵が鮮やか、女性の描写がたまにあっさり、女性からみた男の顔が厳しかったりと、表現は面白い

土屋アンナはやっちゃうだろう期待にコタエル感じ、菅野美穂、木村佳乃もR指定な所も含めコタエル感じでした。やるなぁ女優魂、終りが見えないほどに盛り上がりポイントが多く

いろいろ゛畳の縁がこだわってる゛とか書きたい事はあるが、日本感じから蕎麦屋で呑みながら書きはじめたのだけど、シメの蕎麦になったので、これまで

写真は、そじ蕎麦の
蕎麦焼酎蕎麦湯セットとだし巻きでとりあえず

帰って泡盛か焼酎と有頂天ホテルで、もいちどしめよ。
さくらん
さくらん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/01

川崎で大要塞攻略戦

今日は何故か5時起き、おじいちゃんか俺は?

やることもあるので、早めの出勤、余裕があるので帰りが電車の時の暇潰し大戦略を

京急川崎で攻略してたら…
品川方面普通の出発ホームが入れ替えにやられる…
15分待ちで敵占領

しかし、ログ仕様整理だけだし、まだ余裕、朝マックして 、そろそろ出社しましょ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »