« さくらん | トップページ | 夜桜見物 »

2007/03/22

シンシティ

シン・シティ スタンダード・エディション
シン・シティ スタンダード・エディションブルース・ウィリス ロバート・ロドリゲス フランク・ミラー

おすすめ平均
starsモノクロが斬新でいい!
stars製作する側と鑑賞する側
starsB級映画の妙
stars映像を楽しむ映画
starsおもしろく観るためには期待をせずにみるコト!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フランク・ミラー原作のアメコミを映画化したもの

モノクロの赤をメインに色づけされた、ブルースクリーン主体のCG映画
ブルース・ウィリスやミッキー・ローjク、ブリタニー・マーフィーなどの大物を取り揃えることができたのも、役者が一同に介さずとも撮影可能なブルースクリーンでの合成のおかげだとか。

特に印象的にのこるブルタニーも撮影が1日とは驚異的。
全体的に、唇やドレス、血の赤や、ブロンドの黄色、性的な犯罪者の肌が黄色など特徴的なものを除き、モノトーンな絵作りが、映画の特性で、逆にストイックというかおしゃれな感じで、作られた絵であることの利点を感じる。

びっくりしたのが、ロードオブザリングのイライジャ・ウッド、冷血な殺人鬼なんだけど、びっくりするほどにフィットしてます。
あの、純朴なキャラクターから、この演技までってのは、描いた監督の凄みなのか、イライジャのもったポテンシャルなのか、、、

今日はそろそろ、眠いので、これまで。

そのうちリンクでもつけましょ。


|

« さくらん | トップページ | 夜桜見物 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26132/14355507

この記事へのトラックバック一覧です: シンシティ:

« さくらん | トップページ | 夜桜見物 »